整骨院でリハビリ通院をするメリット・デメリット|茨城県の交通事故治療なら日立・整骨院

夜21時まで営業

交通事故治療

整骨院でリハビリ通院をするメリット・デメリット

自転車事故

みなさんは、スポーツや怪我、交通事故等の治療後、、
もはや自分自身ではどうにもできず横になって寝るだけでも患部に違和感があり、動けば痛みを感じてしまう。。。なんて事経験はありませんか?

お風呂に長く入ってみたり湿布を貼ってたりと、一時的に楽にはなりますが元から治すことは難しく、簡単な問題ではありません。
また事故後の痛みを放置すると、日常生活で負傷した箇所に痛みが出るだけでなく、更に負担のかかる姿勢になることもあります。

今回はそんなお悩みを持つ方のために、整骨院でリハビリ治療を受けるメリットとデメリットをご紹介します。

【整骨院でリハビリ治療を受けるメリット】


整骨院で正しい治療を続けることで、リハビリ通院を行い回復することができます。
ひどい怪我は一度なると一生の付き合いになるものだと考え、完治できると考えない方が多いと思いますが、
リハビリを行う事で身体の土台となっている骨盤や筋肉を調整していき、根本的改善を行っていきます。

【整骨院でリハビリ治療を受けるデメリット】


整骨院によっては、ただのマッサージ店として簡易な治療で終わる院も多く存在します。
カウンセリング自体もほとんど少しだけで終わらせるような所が増えています。
これは実際に行ってみないとわからない点が多いです。

【日立・整骨院のリハビリ治療】


特に、骨折後の痛みはリハビリをしないまま放置していると症状が治らなくなり、
さらに深刻な症状を引き起こす可能性がありますので、整骨院で正しいリハビリのやり方を教えてもらうほうが良いと思います。
また痛みの原因になっている部分を他の身体の部位でかばうことで身体のバランスが悪くなり、腰や肩や膝などを痛めるといった二次症状が発生する可能性を高めます。

当院ではデメリットに挙げられているような、
「簡易的マッサージ」
「カウンセリングが皆無」
というような事は一切ございません。

様々な患者様の状態に合わせたリハビリ治療を行っております。

以前にお届けした、歩行中の事故のリハビリ治療や、自転車事故後のリハビリ通院でも、ご紹介している通り、患者様の社会復帰を第一に考えた施術、治療を提供しております。

事故後のリハビリ通院を行う医療施設を決めかねている方は、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る