交通事故後の痛み|茨城県の交通事故治療なら日立駅前整骨院

夜21時まで営業

交通事故後の痛み

交通事故後の代表的な症状

交通事故後の代表的な症状

何故、長引くのか?

image

交通事故による慢性的な痛み。これを治すためには「なぜ痛みが無くならないのか?」そのメカニズムを知る必要があります。

交通事故はきっかけにすぎません

痛みの原因が全て事故にあると考えるのは間違いです。事故のダメージが引き金となって、身体に蓄積されていた疲労や古傷が痛みとして表面化することもあります。この場合、事故のダメージと蓄積していたダメージが合わさった痛みなので回復まで時間がかかります。

気がついていなかった身体への負担

例えば、長時間同じ姿勢を続けていると身体の一部分に負担がかかります。このように日常生活において知らず知らずのうちに身体に負担をかけているということがよくあるのです。腰痛などの自覚症状が無い方でも実は痛みが出る一歩手前だったという場合も少なくありません。そんな方が交通事故にあったとしたら・・・

自己ケアの重要性

交通事故の痛みが、事故によるダメージだけではないということはご理解いただけたかと思います。だからこそ、治療だけではなく日常的な自己ケアが重要となるのです。患部に負担をかけないよう生活したり、正しい姿勢を意識するだけで回復にぐっと近づきます。

軽い事故でも要注意!

交通事故の場合、軽くぶつかっただけなのに思っていたより痛みが出ることがあります。いったいなぜなのでしょうか?

プロレスラーの場合

image

例えば、プロレスラーは技が来るとわかっているから大きな衝撃に耐えることが出来るのです。来るとわかっているラリアットと背後から不意に来るラリアットはどちらが危険でしょうか?もちろん後者に決まっています。
交通事故も同様です。身構える余裕もなく事故に遭ってしまった場合、事故の大小に拘らず深刻な痛みが出やすくなります。もちろん回復にも時間がかかります。軽い事故だからといって油断せず早急にご検査ください。また、痛みが出たらすぐ治療を行ってください。

ページトップへ戻る